どれくらい相続税を納めればいいのか

相続税ってどれくらいの金額がかかるのだろうか。日本と外国ではどんな風に変わっているのか。 - 相続税ってどれぐらい納めているの?

アーカイブ

http://chester-tax.com/ 相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】 http://www.tax0123.jp/pc/ 沖縄県那覇市のキムタカ税理士法人(旧:大濱真三朗税理士事務所)

相続税ってどれぐらい納めているの?

日本では多くの人が税金を正しく納めています。
アメリカでは自分で確定申告しなければならず、給料からの源泉徴収もないため忘れてしまう人も多いようです。
日本では源泉徴収の他、自分で確定申告することもありますが税理士という税金の専門家がいることから何でも相談できる体制が整っています。
最近テレビでもその名を聞くことが多くなった「相続税」は、年々納税する人が増加しています。
国税を管轄する国税庁によりますと平成18年分では相続人の数はおよそ13万4千人であったのに対し、平成23年分ではおよそ14万6千人と増加しています。
もちろん税額控除を受けることによって納めなくてもよくなる人もいますが、相続税の対象になる人は日本にはこれほど多くいるのです。
ghtrhts
一方人の数は増えても納付金額はあまり増えていません。
相続税法も改正が行われるため一概にこの比較は役立つとはいえませんが、微増にとどまっています。
ただ、納めている人はかなりの額を納めています。
日本では相続価格の階級というものがあります。
ざっといくらぐらいの財産の人がいるのかと言うことがわかる目安です。
これによりますと平成23年分で100億円を超えるの相続価格の階級に該当した被相続人は「8人」もいます。
驚くべき金額ですが、日本にもそうした人はいるのです。
ちなみに最も多いのは1億円を超え2億円に満たない相続価格の階級の被相続人でおよそ2万4千人です。
いかがでしたでしょうか。

日本では多くの人が相続を受け、税金を支払っているのですね。
相続税を納めるべき人というのは日本国内にたくさんいます。
当然自分で確定申告を行い、「これだけの相続を受けたので税金を納めます」と国に申告しなければならないのです。
よほどのことがなければ一度決まった相続税を安くすることは出来ません。
しかし中には「ちょっとごまかしても税務署にはわからない」と高をくくって、本当は1億円相続したのに9千万円しか相続しなかったなどということもあります。
これでは相続税が元々目標としている「所得の再配分」は達成できません。
そこで税務署は法律に基づいて「税務調査」を行います。
会社や個人事業を営んでらっしゃる方には、聞き覚えのある言葉かもしれません。
税務署は相続税に限らず申告された税金の中で「ここはおかしいのではないか?」や「正しく皆が納めているかチェックしよう」などと無作為に選んで税務調査を行うことがあります。
相続税では前者がほとんどです。

相続税の税務調査で多いのが「申告漏れ」です。
たいていそんな財産知らなかったと家族が驚くような物が相続されるはずで、実はそれがなされていなかったと言うときに起こります。
亡くなった人の財産がどこにどうあるかは、生きていなければわからないからです。
特に財産が多い人にはそうしたチェックがなされています。
中には本当に税金を逃れたいがために脱税を行って、税務調査に引っかかるという方もいます。
悪質であると認められれば、追徴課税も莫大な金額になります。
正しく納税しましょう。

更新情報

Copyright(C)2015どれくらい相続税を納めればいいのかAll Rights Reserved.